駐車場看板の専用サイトはこちらから

歯科看板の専用サイトはこちらから

トップページ > 「LED看板」の強みとは何か?

LEDには、魅力的な特徴がある。

  • 小型化・薄型化
  • 長寿命
  • エコロジー
  • 低消費電力
  • 小発熱
  • 紫外線が少ない
そもそもLED(Light“光る” Emitting“出す” Diod“半導体”)は、電機を流すと発光する半導体の一種です。発光ダイオードとも呼ばれています。
白熱電球の寿命が1000〜2000時間と比較して、LED電球は約4万時間の寿命を誇ります。
単純計算で白熱電球20〜40回分の効率になります。
つまり、メンテナンスの回数が格段に減るので、その分費用が浮くことになります。
他にも発光効率・指向性が高く、さまざまな発色が可能で、赤外線・紫外線が少なく、水銀を使用しておりません。

どんなLEDが良いのかを計算する。

lm/Wとは、一定の明るさ(lm)を得るためにどれだけの電気量(W)を要するかを表す単位となります。
100lmで消費電力が2Wの製品(A)と、50lmで消費電力が0.4Wの製品(B)があると仮定します
これらを比較すると、【A:100lm÷2W=50lm/W】【B:50lm÷0.4W=125lm/W】となり、Bの発光効率のほうが高く、少ない電力で、より多くの光束を得ることができます。

  • 低
  • 低
Ra(演色性) 光の見え方に関する数値。100に近いほど自然光に近くなる。
数値が高いほど、赤色の看板に有効。
温度特性 LEDの温度特性として、Tj(ジャンクション温度)が一般に用いられる(LED素子の接点温度)
使用環境と製品仕様のすり合わせが重要。
環境特性 耐光性、耐ガス性など。使用環境により注意が必要。

LED電源装置の現状と選び方

定電流電源
定電流電源はLEDの連結数にかかわらず、電流値(mA)を一定に出力する電源です。
出力する電流値は各メーカー350mAや700mA程度が主流であり、安定した出力を確保できることが大きな特徴です。
定電源電源
定電圧電流は電圧値(V)を一定に出力する電源であり、電圧に応じてLEDの出力及びに連結数を設計することが必要です。
特徴としては安価な製品が多く、多くのメーカーでラインナップされているため、入手性も良好です。

確認事項

PSE(電機用品安全法)の準拠 (安全性確保の為)
環境性能 (過酷な使用環境に対応する為)
高調波対策の有無 (他の電気機器と併用する際の影響)
電源の容量 (看板の設計基準を満たすか)
電源の効率 (省エネ性能)
  • ※電源は交流(AC)を特定の性質を持つ直流(DC)に交換している為、交換の際にエネルギーの損失が発生しています。
  • ※現状の高効率電源の平均的な数値としては、効率で90%前後、力率で95%前後あります。